食洗機が、壊れた…

食洗機。現代ではロボット掃除機や全自動洗濯機と肩を並べている食洗機。

娘が2歳の頃、食器は増えるのに時間と気力は減っていく一方だった私を助けてくれた。シンクに洗い物がたまらない幸せ。熱いお湯で洗ってくれて油汚れもキレイさっぱり。悪化していた手荒れも症状が落ち着いた。

我が家でも4年ほど活躍してくれていたのはジェイムのタンク式食洗機。

当時は賃貸物件で、タンク式はほぼこれ一択だったために我が家にお迎えした食洗機だ。

それが先日、とうとう天寿を全うした。

どこからともなく漂うプラスチックの溶けたようなイヤな匂い、何度給水をしようとE3のエラー表示を連発し水が足りないと訴え続ける。匂いはどうやらタッチパネル付近から発生していたためこれはもう本格的に寿命なのだと肌で感じた。

しかしながら小型とはいえ当時の購入価格で37,000円ほど。私にとって決して安い買い物ではない。修理はできるのかネットの海を漂うと,15000〜20000円ほどの修理費用がかかるらしいというブログを見つけた。原因が同じとも限らないし、更に費用がかかってもおかしくない。小型のため容量に物足りなさを覚えていたのも確かだ。

ジェイムくんには丁重に感謝して別れを決めた。2~3年で壊れたという意見も目立つなか、4年も頑張ってくれた。安い買い物ではないと言ったが、1年で9250円、1か月ならなんと770円だ。マクドナルドのLLセット1食程度しかかからないではないか。

月1回の外食程度の値段で、毎日の食器洗い、そしてそれに伴う手荒れからも解放されるのだ。一度の出費はかさむのがネックだが、私は買ってよかったと思える。ありがとう、ジェイムくん。

次はどんな食洗機にしようか。引っ越しをしたので選択肢はかなり広がった。分岐水栓だって付けられる。置ける場所も広くなった。夢は広がるし早く代わりの子を迎えたいが、長く使う上に大きな買い物だ。納得がいくものを選びたい。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました